Home / eTA カナダ電子渡航認証

 

電子渡航認証 とは?

電子渡航認証(eTA)は、カナダ入国ビザが免除されている国籍の方が、カナダに空路で渡航、またカナダで航空機の乗り継ぎをする際に必要な新しい要件です。 認証はご本人のパスポートに電子的にリンクされ、有効期間は5年、またはパスポートの有効期限までとなります。

電子渡航認証が必要な人は?

米国以外の国籍で、かつカナダ入国にビザが必要ない国籍の方は、空路でカナダに向かう前にeTAを取得しなければなりません。 陸路または海路でカナダに入国する場合は、eTAは不要です。

2016年3月15日以降は:

  • カナダ永住権保有者:空路でカナダに入国する際に、eTAは不要ですが、カナダ永住者(PR)カードまたはPR 旅行書類を携帯している必要があります。 携帯していない場合、カナダ行きの便に搭乗できないこともあります。
  • 米国永住権保有者: 空路でカナダに入国する際にはeTAが必要です(米国のグリーンカードも携帯していなければなりません)。 陸路または海路でカナダに入国する場合は、eTAは不要です。
  • 留学生/一時就労者: eTAが必要な国籍を有し、2015年8月1日以前に就学許可証/就労許可証の発給を受けている方が、カナダから出国し空路で再入国することを予定している場合は、eTAが必要です。

eTAの申請方法は?

eTAの申請は、オンラインの簡単な手続きにより数分で行えます。 必要なものは、パスポート、クレジットカード、Eメールアドレスです。 取得料金は7 カナダドル、有効期間は最長5年間です。

eTAの詳しい説明および申請方法:

カナダへ小さなお子様連れのご旅行の際の注意点

お子様の親権をもつ親や保護者の方は、後見権などの法的書類の写しを携帯するよう、カナダ国境サービス庁の係官から勧告が出ています。親権を共有する片親の方のみが同伴する場合、または、同伴の未成年のお子様の親でも法的保護者でもない場合は、お子様連れの旅行とカナダへの入国を認める同意書を携帯することをお勧めします。

2017年5月現在の情報であり、予告なく変更になる場合もございます。